子供が小さいうちは狭いアパートでも、成長すると無理が出てくる

子供が小さなうちは、比較的狭い部屋で暮らすことも特に問題はないでしょう。
しかし、子供が小学生中学生と成長すると、狭いアパートではどうしても無理を感じるようになってしまう。
その子が男の子であっても女の子であっても、また兄弟姉妹がいてもいなくても、一人のスペースが欲しいと感じるのは当たり前のことだと思います。
私の知人は、結婚当初は家賃数万円のアパートを賃貸して暮らしていました。
子供が一人生まれ二人生まれ家族が増えると、その度に広めの所に引越して、多少ウルサク騒いでも大丈夫な場所で暮らしていました。
そしてとうとう今年、彼女たちは一戸建てのマイホームを手に入れたのです。
細部にまでこだわりをもたせた彼女達らしいお部屋のようです。
白を基調にしていて、光が差し込む明るさと清潔感を兼ね備えた部屋。
穏やかで落ち着きのある家のようです。
私が家を建てる時、とにかくローン額を抑えて建てたいと、それが一番のポイントでした。
もともと、私も夫もこだわりなどない人間ですので、雨や風がしのげてゆったりとくつろぐことさえできれば良いと考えて作った家。
おかげでローンも早くに完済することができ、今ではお金の心配はしなくても良い状態です。
人それぞれ注目したいポイントや、譲れない何かがあるもの。
今年家を建てた彼女が一番大切にしていたのは、明るさだったそうです。

家も家族とともに年齢を重ねる

表札の威厳
表札を新築祝いに贈ると喜ばれます。オリジナルの表札を作っている通販サイト。
www.hyousatsu.co.jp/

かれこれ10年以上住み続けている我が家は、そろそろあちこちに傷みが見え始めてきました。
そりゃそうですよね、
10年以上暮らしている家なのですから。
リフォームしようかなとも考えているのですが、まだ検討中です。
でも、せめて台所と洗面所くらいは何とかしたいなと思っています。